2005/09/08

ウマウマ☆チキンカルボナーラ


chickencarbonara2.jpg


またまたお馴染みFoodTVの「Everyday Italian」から、チキンカルボナーラを作ってみました。偶然テレビで作っているのを見て、「おお〜、うまそ〜。しかも簡単〜。」ということで晩ご飯が決まりました。

日本語でも簡単に説明してみます。でも計量は適当でごめんなさい。私も作るときは卵黄の量以外はすべて適当に作ってしまいました。^^;

まず、鳥肉の下準備をします。ここでは私はささ身をつかいましたが、胸肉でももも肉でもよいと思います。お肉に塩、こしょう、ガーリックパウダーをふりかけて、よくなじませて油を敷いた熱したフライパンで火が通るまで焼きます。本レシピではロテサリー・チキン(市販のローストされたチキン)をさいて使っていました。そのほうがもっと手間が省けていいですね。
焼けて、冷めたお肉は手で食べやすく裂いておきます。

次に、ベーコン2,3枚を食べやすい大きさに切り、にんにくを細かく刻みます。
オリーブオイルをしいて熱しておいたフライパンにベーコンを炒め、さらににんにくを加えて炒めます。そこへ先ほど裂いておいた鳥肉を加えて、塩、コショウをします。本レシピでは卵液の方に刻んだフレッシュバジルを加えるのですが、家には乾燥バジルしかなかったので、この時点で乾燥バジルを加えました。

卵液を作ります。本レシピでは卵黄を8個使うのですが、うちは2人分なので4個使ってみました。ボールに黄身をくわえて軽く混ぜあわせます。そこへ、生クリームだいたい1カップ半ぐらいを加えて、刻みパセリ、粉パルメジャンチーズ、塩、コショウを加えてよく混ぜ合わせます。

アルデンテに茹で上がったパスタをベーコンと鳥肉の入ったフライパンへ移し、軽く混ぜ合わせ、そこへ卵液を加えます。ここで火加減は超弱にしてください。火が強すぎて卵がスクランブルエッグになってしまわないように。あくまで卵液を温める気持ちでよく混ぜ合わせます。

お皿に盛って、最後におろしたレモンの皮を散らしてできあがり。レシピのほうではここでさらに刻んだ胡桃を散らしていました。それも美味しそうですね〜!

レモンの皮がアクセントになって、とっても爽やか、かつ濃厚で、美味しいです♪
カルボナーラっていろいろ作り方がありますよね。フライパンのほうへ卵液を加えるやり方や、パスタを卵液のほうへ加える作り方や。なんだか難しいってイメージがありますが、やっぱりポイントは火加減ですよね。


New Downloads 870.jpg

ついでに、デザートのゼリーです。またゼリーです。^^;
マルガリータ用のグラスに桃缶のももを並べて、これまた桃味のゼリー液を流して固めて、最後にマンゴーソースをかけてみました。
夏は終わりでも、ゼリーの季節は終わりじゃないわ!




spoon7.gif にほんブログ・ 料理ブログにも参加してます♪
ありがとう! ランキングへ応援のクリックお願いします〜☆ nabe2.gifレシピブログにも参加中♪

posted by SweetP at 00:23 | Comment(18) | TrackBack(2) | うちごはん日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。